ショッピング枠現金化に使えるカードはある?

ショッピング枠現金化に使えるカードはある?

メイン・サブを決める

 

クレジットカード選びは、ブランドやお得なポイント還元率が決め手となることが多いのですが、あくまでも「ショッピング枠現金化」をメインに考えるなら、国際ブランドでも加盟店舗の多いほうが便利です。

 

そこでVISAやマスター、JCBの提携が多いとされており、JCBは日本がメイン市場ですから国内のショッピングなら問題なく使えます。

 

クレジットカードを一枚だけしか持っていないと、JCBしか使えない場合やカードの利用停止をくらった場合は、別の発行会社に申込みをしても金融事故履歴が回っており作れません。

 

そこで、VISAとJCBといった形でダブらないクレジットカード選びをするべきです。

 

そして、どちらをメインにするかは、よく利用する・特典が充実・ポイント還元率が高い会社を選ぶ事が恩恵を受ける為のポイントであり、プロパーカードでも特典が自身にとって魅力的であるならば加入しておくべきです。

 

クレジットカードは、2枚から3枚に絞って増やし過ぎないようにする事も、効率よく利用するコツです。

 

年会費や付帯保険も重要

 

使い分けを決めたら、次は年会費や付帯保険の有無です。

 

旅行傷害保険はいつ何が起きるか分からないリスク回避の為に付けておくことが望ましいのですが、年会費がかかる場合があります。

 

利用額に応じて無料になる事も有りますが、全く決済しなければ当然年会費が引き落としされますが、お金を支払っているだけあって比較的特典が充実している傾向に有りますから、条件付で無料になるクレジットカードがオススメです。

 

盗難保険やショッピング保険も付いている事によって、高額商品を買って破損したときや、不正利用にも保険で補填対応出来ますので、持っていないと知らないサービスが目白押しです。

 

ステータス性よりポイント還元率が節約に繋がる

 

ショッピング枠現金化ばかりに使っていると利用実態から利用を止められることも有りますので、他の商品購入や普段の買い物でもなるべく利用して、換金していることがバレないようにしましょう。

 

ショッピング枠現金化は違法ではありませんが、発行元で最も利用してほしくない使い方とされ、支払いが滞る可能性を危惧しているためです。

 

どうせ利用するのであれば、発行元から還元されるポイントに付きましても、料率高ければ業者から提示された料率に上乗せして考える事も出来ます。

 

公共料金や保険料関連も、電子マネー払い等の組み合わせを持ちいる事によって、さらにお得にポイントが貯まります。

 

まとめ

 

ショッピング枠現金化に使えるカードは、汎用性の高い国際ブランドがオススメです。

 

そして、メインとサブを使い分け、年会費が無料、付帯保険も充実していて、利用すればするほどポイント還元率が高くなる会社を選ぶとお得です。