乱立している比較サイトの情報は精査してください

乱立している比較サイトの情報は精査してください

人が発信する情報の数は多いですが、それを発信する者の数は圧倒的に少ない、それがWEBやメディアの世界です。

 

情報を発信する為に職業が有るように、常に受けてよりも発信する側の方が立場上有利になりやすいのは社会の面白い仕組みとも言えますが、人が求めるからこそその人の信用が集まり、結果としてお金が生まれるのです。

 

仕事場や学校でもそうなのかもしれません。

 

常に上の立場、役職を得る人とは下の人間に対してモノを申す事が出来なければその立場を維持し続ける事が出来なく、ただ怒鳴り散らかすのでは無くて、適切な教えを説ける人がその組織で階段を上ります。

 

ショッピング枠現金化でも同じように、お金を求める人たちの拠り所として、比較サイトが有ります。

 

当然、我々消費者からすればグレーとも言われている決してイメージの良くない事をしようとしているのですから、サービスに関わる情報取得は不可欠な事です。

 

その検討者の心理を弄ぶかのように、実はショッピング枠現金化業者がメディア運営者に対して広告費を支払い、意図的に宣伝して貰ったり、意図的な情報操作を行っている実態があります。

 

または、ショッピング枠現金化業者自身が比較サイトを開設している事もあるようで、それはサーバー上のIPやホストからある程度予測する事が出来ます。

 

当然、自分自身で運営しているところに掲載されているお店の屋号は、全て自分たちで運営されているところだけ(笑)

 

これでは比較でも何でもありませんよね。

 

ホームページなんて人の産物ですから、ちょっと調べれば誰でも作成な事であり、さらに無店舗型の業者なんて特に実店舗とは異なりWEB上で集客しているのですから、窓口だけでなく集客もしようと考えるのは商売としてみれば当たり前の事です。

 

とは言え、利用検討者が金策の為にショッピング枠現金化をしようとしている、その人にとって人生の重大な局面を商売として利用する事に対し、正規の貸金業にも言えますが社会的な生産性を生まない産業です。

 

それに加えて悪徳と言われる業者やこうした比較サイトの情報が乱立している事を考えると、いかに優良店を見つけ出すことが難しいのかが分かります。

 

何が正しくて嘘なのか、その判別は他人でも無く自分自身で決めなければいけない事であり、これはショッピング枠現金化に限った話ではないですが、筋道を考えて考察すれば自ずと理解できます。

 

簡単に情報を発信する事が出来る世界では、SNS上で犯罪予告をすればすぐに炎上して話題になる事は簡単。

 

良い事ばかり並べている比較サイトは黒と考えましょう。