Amazonギフト券現金化のリスクが恐ろしすぎる

Amazonギフト券現金化のリスクが恐ろしすぎる

ショッピング枠現金化業者がつい最近取扱いを始めているこのAmazonギフト券ですが、古物商許可番号を検索エンジンで叩いてみると、以前よりこうした商売をしていた情報が比較サイト・口コミサイト等で残っています。

 

貸金業法が改正された年の前後が、この商売のトラブル件数が最も存在していた事を示すデータが国民生活センターで閲覧する事が出来ますが、重く見たのか行政や当時の関係閣僚がキャンペーンの動画で直接注意喚起をしたり、街頭キャンペーンを行うなど、かなり派手な対応をされていました。

 

その甲斐あってか、メディア関係各社がショッピング枠現金化に関する広告を自主規制する動きが強まり、知らない人に周知させること、そして既に知っている人に対してもプッシュする事が出来ない状態になったのでしょう。

 

今でこそ、テレビCMや雑誌等のマスメディアに掲載されているamatenという換金市場の存在が、実はショッピング枠現金化業者として買取の仕組みを用いて運営されていた事をご存知でしょうか?時の経過とともに換金業者だった印象が薄まりつつありますが、当時よりAmazonギフト券を媒介物にした換金方法のパイオニアでした。

 

次第に買取業と並行して換金市場なるものが誕生し、ショッピング枠現金化業者も広告枠を失い、Amazonギフト券現金化であればリスティング広告等が出稿できる、広告露出機会が増えるとし、続々とサイトをオープンするまでに至ったのです。

 

完全に独占状態にあった市場の存在も、他者に真似されるように増加しておりますが、セキュリティ管理の部分で雲泥の差となっており、やはり後発の業者が信頼されている様子は有りません。

 

しかし、運営歴が長いサイトだから安心・安全とは限らない事も事実であり、マスメディアに紹介・・・いえ、お金を払って掲載されているのですから当てにしない方が無難です。

 

チャージしたお金が抜かれる、購入したギフト券が使えなくなる、事業者が某金融機関から締め出されているなど、Amazonが認めていない取引で有る事に加え、購入者が騙されて取引されたモノであったり、意図的ないたずらで利用されている恐れがあるなど、デメリットに対する疑念は払拭されるコトは有りません。

 

また、電話対応したりしなかったりなど、法的規制が及ばない範囲で運営をしているのか、いまだに経営者が取り締まられていない事も気持ちの悪い話ではないでしょうか。