携帯電話のキャリア決済現金化ってなんだろう?

携帯電話のキャリア決済現金化ってなんだろう?

お金が無い時に考えられることと言えば、皆様は何が思い浮かぶでしょうか?今では手軽にWEBという情報の泉から探り出すことは出来ますが、所詮人が作り出した内容です。

 

結局何をして工面するのかがターニングポイントであり、お金の悩みですからお金しか解決できる術は有りません。

 

消費者金融、銀行系カードローン、闇金融、ショッピング枠現金化、要らない物の換金、知り合いから借りる・援助してもらう、日払いの仕事を始める・・・見境なく私自身が単純に思い付いたモノを並べてみましたが、工面して貰う立場の者が考える事では有りませんが、いずれの方法にしても何かを失って現金を得る方法です。

 

お金という手数料と信頼という縁・・・結局求めてしまう側の代償で有ります。

 

上記に挙げた以外の方法も最近ネット上に姿を見せ始めており、それがタイトルの携帯電話(キャリア)決済現金化なるものです。

 

しかし、携帯電話という言葉が出てきますと、それを何かして現金を得る為には本体を転売したり買い取ってもらう事がイメージしませんか?実際はまるでクレジットカードに置き換わったかのように携帯電話料金という与信を利用する事です。

 

 

今でこそ、スマホが普及している為に忘れてられているキャリア決済が、現金を得るための重要ポイントであり、その昔、今の様にアンドロイドマーケットやアップルストアという市場が無い時代を思い出してみてください。

 

各携帯会社と提携する事で、事業者がサービスをリリースする事が出来た時代です。

 

我々は、キャリア決済を利用してゲームや音楽、その他お役立ちコンテンツを購入し利用していたのですが、支払いの仕方は携帯電話料金と合算して請求されていたはずです。

 

その仕組みを利用する事により、キャリア決済で対応されている市場やオークションサイトなどを通すことでキャッシュバックしているものと考えられます。

 

キャリア決済で購入された商品を送り返したりする事による買取の手段であれば、古物商許可に関する記述が確認されるはずですが、この手の換金業者は総じて記述が確認されません。

 

事業者側としてはクレジットカードを所有していない人でも手軽に行う事を大きなメリットとして紹介しておりますが、割賦払いも出来なければ支払いが滞れば携帯電話の利用停止、ブラックリスト入りなど、ショッピング枠現金化に伴うリスク以上のモノが潜んでいる事は言うまでもありません。

 

事業者が支払うであろう決済手数料は、我々消費者でもWEB上から見る事が出来ますが、なかなか高い料率が設定されているのですから、消費者にとって高換金率での取引は難しいでしょう。