ショッピング枠現金化は禁じ手だが使える借金方法

ショッピング枠現金化は禁じ手だが使える借金方法

ショッピング枠現金化は、決して推奨できる方法ではありません。

 

できれば、キャッシングを利用した方が良い事もありますが、それでもあえてキャッシングの申し込みをせず、ショッピング枠現金化で済ませたほうがいい理由とは何でしょうか?

 

審査のあるキャッシングは申し込み履歴も残る

 

なぜキャッシングを利用しないのでしょうか?一つには、新規の申し込みには審査があって、心理的ハードルが高いということです。

 

もし、審査に落ちてしまったら、申し込みや契約できなかったなどの履歴が個人信用情報として残ります。

 

何度も審査に落ちていると、しばらくは新規の申し込みができないようになっています。

 

一度カードの審査に落ちてしまうと、自分を否定された気になってしまいます。

 

だとしたら、審査の不要なショッピング枠現金化のほうが何かと借りた実績がわからないので都合がいい、という場合もあるようです。

 

ショッピング枠現金化は自己責任

 

なぜ禁じ手のショッピング枠現金化を利用する人が多くなっているのでしょうか?誰もが知り合いからお金を借りたくないはずです。

 

有力者やお金持ちの知り合いなら、頭を下げてお金を貸してくれるよう頼みこむしかありません・・・でも、キャッシングやショッピング枠現金化業者は、商売ですから喜んでお金を貸してくれます。

 

担保や保証人も不要だから、借りやすいと考えてください。

 

さらにショッピング枠現金化なら、残高の存在が条件ですが、数分で銀行口座に入金されます。

 

返済はカード会社だから、お金を借りたことがバレにくいようになっています。

 

もちろん、自己責任ですから最後まで完済する必要はあります。

 

早期に返済できるならショッピング枠現金化を使ったほうがスピーディー!

 

ショッピング枠現金化は、返済に関してはカード会社を通して行います。

 

ということは、ショッピングで利用した金額は、次回の銀行引き落とし日まで支払う必要は無く、逆に言えばそれまでにお金を用意すればいいだけです。

 

また、2回払いや分割払い、リボ払いと選択肢が豊富であり、途中からリボ払いに変更することも可能ですし、毎月返済し続けている限りは利用停止になり事はありませんし、万が一の自転車操業が可能です。

 

だとしたら、ショッピング枠現金化を利用したほうが、手続きも少なくスピーディーだといえます。

 

さらに利用実績(クレヒス)が積もりますと、発行元会社から優良顧客として捉えられる場合もあります。

 

まとめ

 

ショッピング枠現金化は禁じ手です。

 

それでも利用する人が多く、リスクを知りながら、うまく活用している人も多いようです。

 

自己責任だということを頭に入れて、スピーディーな借入と返済をすれば、問題なくクレジットカードも利用し続けられるでしょう。