2017年05月

ショッピング枠現金化をするにあたって、換金率の引き下げに出くわすこともあるかもしれませんが、そもそも換金率というのは業者によっても違いますし、変動するものです。

 

しかしながら、突然換金率の引き下げに出くわしてしまうとどう対応すればいいか戸惑うことになるかもしれません。

 

ショッピング枠現金化で換金率の引き下げに出くわしたらどうすればいいのでしょうか。

 

換金率がどれくらい引き下げられているのかをチェックする

 

ショッピング枠現金化を行っている業者の中には、いわゆる悪徳業者も存在し、悪徳業者は大体の場合において何かと理由をつけて、換金率を大幅に引き下げてきます。

 

理由としては、クレジットカードの種類や発行元を理由にして、何十%という大幅な引き下げをしてくるのであれば、それは正当な理由があっての引き下げではありません。

 

逆に、クレジットカードの種類や発行元を理由にしていても、引き下げが数%でおさまっているのであれば、それは正当な引き下げといえるでしょう。

 

悪徳業者は換金率を大幅に引き下げて利益率をアップさせようとしますが、優良業者であればそういうことはありませんので、どれくらいの引き下げがおこわなれているのかが見分けるひとつのポイントになってくるのです。

 

換金率の引き下げ自体はよくあること

 

ショッピング枠現金化にあたって換金率が引き下げられたというと、まるで大事のように思う方もいるかもしれませんが、しかしながら、ショッピング枠現金化において換金率の引き下げ自体はよくあることなのです。

 

そもそも業者によってショッピング枠現金化の換金率というのは異なってきますので、それは当然受け入れるものとして考えなければいけません。

 

ただ、ショッピング枠現金化における引き下げがよくあることだったとしても、不当な引き下げが許されるわけではありません。

 

きちんとした理由があってそれに見合った引き下げがおこなわれるのであれば問題はありませんが、それ以外で引き下げが行われるのは許される行為ではありません。

 

悪徳業者に引っかからないことはもちろん、どれくらい引き下げられているのかをチェックすることによって問題なくショッピング枠現金化を進めていくことができるでしょう。

続きを読む≫ 2017/05/18 16:02:18