ショッピング枠現金化で作ったお金をギャンブルに使っていい?

ショッピング枠現金化で作ったお金をギャンブルに使っていい?

現在、日本におけるカジノは非合法であり、秘密裏にカジノを運営したり利用したりすると捕まってしまいます。

 

しかし、最近では、2020年の東京オリンピックに向けて、日本でも公営カジノを作ることを目的とした法整備が行われている最中です。

 

カジノでなくても、今現在においても日本には公に認められているたくさんのギャンブルがありますよね。

 

競馬、競輪、競艇、パチンコ(おっと、パチンコは謎の力が働いているからギャンブルではないんでしたっけ?)、場合によっては宝くじもギャンブルと考えていいかもしれませんが、これらのギャンブルは日本でも認められており、お金を元手に運をかけてお金を稼ごうとする、それがギャンブルです。

 

さて、ギャンブルをするためには元手になるお金が必要です。

 

ギャンブルは元手のお金に運をかけてお金を倍にしていくものですが、そもそもお金が0ならば、いつまでたっても0です。

 

健全な人であれば、ギャンブルをするためのお金は日々の生活で余った資金を使い、ギャンブルもいわゆる趣味の代わりとして楽しんでいるでしょう。

 

しかし、ご存知の通りギャンブル依存症という心の病は昔から存在し、ギャンブルをするためにお金を次から次へとつぎ込む人もいるくらいです。

 

ギャンブル依存症になってしまうと自分の人生をかけてでもお金を用意しようとする人が多く、消費者金融などの借金から始まり、知人友人家族からの借金、ひどい場合にはヤミ金に手を出す人もいるくらいですが、金策の1つとしてショッピング枠現金化も候補に挙がります。

 

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠がありますが、ギャンブルに使うためにキャッシング枠をすっからかんにしてしまった人が次に手を付けるのはショッピング枠でしょう。

 

ショッピング枠現金化は買い物専用のショッピング枠さえ使えれば誰でも利用することができ、手に入れた現金に関しての使い道にとやかく言われることもありません。

 

借金をする際には利用目的を聞かれることもありますが、ショッピング枠現金化はそれがないのです。

 

たまに、ショッピング枠現金化で作ったお金をギャンブルに使っていいのかという質問を見かけますが、そんなことショッピング枠現金化業者は関与しません。

 

使用目的に関与しないということは、その後の責任についても自己責任ということになります。

 

ショッピング枠現金化をしてお金を作ることはできますが、その債務は自分で支払いをしなければなりません。

 

ショッピング枠現金化で作ったお金でギャンブルをするのであれば、是非とも勝つように祈っております。

関連ページ

商品券やギフト券はショッピング枠現金化に最適?
商品券やギフト券を購入して転売する方法でショッピング枠現金化する方法がありますが、換金率が高いという理由で、最適な商品かというとそうでもありません。