未成年はショッピング枠現金化できないので注意!

未成年はショッピング枠現金化できないので注意!

現金が急に必要になるのは大人も子どもも関係ありませんが、どんな金融機関であれ保護者の同意なしに未成年に貸付を行っているところは全くありません。

 

むしろ保護者の同意があったとしても未成年は敬遠されます。

 

法律では未成年が親の同意なしにした借金はその契約を取り消すことができるようになっています。

 

学生ローンなどであっても、必ず親の同意が必要なのです。

 

未成年は借金などの契約を単独ではできないので、親に知られずに現金を手に入れる方法を模索しがちかと思われます。

 

その為、多少グレーゾーンな方法であっても利用しようとする傾向があります。

 

ショッピング枠現金化はクレジットカードのショッピング枠があれば即日で現金が手に入るサービスですが、借金ができない未成年はこれなら自分でも利用できるのか調べる人も多いのではないでしょうか。

 

ショッピング枠現金化業者を比較するサイトなどでは、未成年でも利用できると記載してあるところがありますが、実際、未成年は利用することができません。

 

ショッピング枠現金化はそのショッピング枠を利用して現金を手に入れるサービスですが、当然ショッピング枠を使えば支払いをしなくてはなりません。

 

高校を卒業している18歳以上であればクレジットカードを作ることができますが、未成年の場合はクレジットカードを作る際は保護者の同意が必要になり、多少なりとも保護者が支払いの監督を行います。

 

業者としては、未成年が利用した際に支払いができず保護者が出てきてトラブルになることはリスクになります。

 

そこから更に発展してクレジットカード会社を巻き込むトラブルになると、業者は営業を続けられなくなるリスクが高まるのです。

 

業者の比較サイトはどんな利用者であれ申し込みをさせれば業者から広告費をもらうことができます。未成年でも利用できると書くのはこの理由からでしょう。

 

実際に申し込みをしても、ほとんどの業者は断ります。

 

未成年でも利用できると書いてある比較サイトは広告費目的のいい加減なサイトであると認識した方がよいでしょう。

 

未成年は借金もショッピング枠現金化も利用できません。現金が必要であれば、親を頼るか自力で稼ぐしかありません。

 

また、未成年をターゲットにした詐欺も存在することを認識して、うまい話があっても飛びつかないよう心がけましょう。

 

地道に働くことが将来の金銭感覚を養うことに繋がっていきますので、もしこれを見てもまだ未成年でも請け負う業者の可能性を探る方には明るい未来はありません。