2016年12月

素朴な疑問ですが、ショッピング枠現金化をしたことが無い人が最初に頭の中で過ぎる事は、そもそもコレはなんだ?という事ではないでしょうか?しかし、クレジットカードに付いている与信枠を換金する事について詳しく解説されている比較サイトは乏しいと言わざるを得ません。

 

それは多くの比較サイトで広告報酬を目的にした運営方針が中心であり、検索して辿り着いた比較検討者をいかにお店のページに誘導させるかという事を考えて構成されているからです。

 

比較サイトのみならず、業者のホームページもいかに電話してもらえるか、申し込みフォームの入力をしてくれるかが焦点になっているのです。

 

ショッピング枠現金化に限った話では無く、世の中のあらゆるデザインや広告の全てに言える事でしょう。

 

本題から逸れてしまいましたが、根本的な部分の解説が少ないのは前述したような背景がある事を認識していただければ大丈夫です。

ショッピング枠現金化はショッピングをする事です

 

業者より換金の説明が全く無いという事はありません。

 

少なからず購入する商品についての説明は、これまで幾多の業者に問い合わせをしてきた私が経験したことによるもので、どんなに換金率が悪かろうが良かろうが説明されました。

 

その購入した商品をどう扱うかが、よく目にする「キャッシュバック」や「買取」という手段を用いる事で申し込みした人が受け取る現金の名目が変わるという事です。

 

この手段について非常に興味深い点と致しまして、両方兼ねているところが無いという事です。

 

ショッピング枠現金化業者のホームページに記述される説明文やデザインは似たり寄ったりですが、業者間で採用される方式には明確な違いがあります。

 

方式だけが差別化されているのでは無く、それぞれ人の手によって進められるのですから対応スピードや扱う商品の性質によって振り込みを受けるまでの時間に差が生まれたりすると考えて頂ければと思いますが、実際に掛かる時間やどの方式で換金するのか等は店員さんに質問する事も出来ます。

 

それだけで「はい、わかりました、お願いします」では勿体無いのがショッピング枠現金化の特徴で、どこかで目にされた経験をお持ちかもしれませんが悪徳業者や違法な換金手段を行っている店舗が確認されているのが事実で、そのような店舗の情報を仕入れるのは比較サイトの存在が大きい事も確かです。

 

インターネットで発信される情報は常に「誰かが書いたもの」ですから、全てを鵜呑みにしてはいけないことを理解しなければなりません。(DeNAのキュレーションサイト問題はまさにそのような要素が含まれているから大きくなっているのです)

続きを読む≫ 2016/12/28 17:59:28