クレジットカード現金化マニュアルに気を付けろ

クレジットカード現金化マニュアルに気を付けろ

社会問題となったクレジットカード現金化商法・・・古くは江戸時代より続く質屋の存在が発端です。

 

家財道具が質草であった時代から、時を経て与信枠という近未来的なサービスの誕生が、絶対に手に取ってみる事の出来ない、ある意味仮想貨幣を可視化出来るサービスですね。

 

ちょっと大げさな表現をさせていただきましたが、それもそのはず・・・与信枠を提供している発行元は、換金を目的にした利用を禁止しているのです。

 

これは、換金を専業とする業者もおりますが、自分自身でも試みる事は出来るのですが、業者を利用するにしても自分自身で全て完結させるにしても、同じ換金目的での利用ですから変わりません。

 

特定・断定した形で法的規制は介入していないとしていても、近年は電子ギフト券の悪用被害が全国規模で起きており、クレジットカード現金化だけでなく、出会い系サイトやアダルトサイト利用請求、その他社債や競馬に投資案件など、様々な手口の資金決済手段として用いられるようになっています。

 

むしろ買取をする者としては、紛れる事が出来ますので、これからも電子ギフト券がクレジットカード現金化の主役となるでしょう。

 

しかし、問題が表面化してきている煽りから、次第に消費者たちからも不審の意見が出るなど、あとは公安がどう動くのかが焦点となるでしょう。

 

他にも特定業者を一押しとしたり、こき下ろす内容で紹介する比較サイトも存在していますが、全て言葉のあやに過ぎず、どのお店にでも言える様な事を枕詞のように決まりきった言葉が並べられており、情報発信者側で意図的なコメント削除や投票の無効化など、暴挙な投票サイトまである事態です。

 

こうしたメディアが検索結果の上位に有る以上、騙されて悪徳業者に申込みされる被害は無くなる事はないでしょうし、それは国民生活センターが発表している商法に関する相談件数の統計からも考察されます。

 

それでも全盛期に行われた、省庁における特設ページや街頭キャンペーンが行われるなどの地道な活動が功を奏したのか、利用者意識も改善されたのかは分かりかねますが、確実にクレジットカード現金化業者は数が減っています。

 

実は正規の貸金業者についても同様に減少傾向に有り、金融機関傘下に収まった業者に消費者を向けさせる国策であると言う意見もあります。

 

金融機関に出資しているファンドの利益、そして金融機関の利益・・・結果的に資本力に差のある中小は吸い上げられている…世の中のお金の流れが変わってきていると実感します。

クレジットカード現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠を利用して低金利で借り入れができるサービスです。

 

借り入れ方法には「キャッシュバック方式」と「買い取り屋方式」の2種類が存在しています。

 

とあるサイトでは還元率98%を謳っています。しかしよく見るとこれは「最高還元率」と記されていることがわかります。

 

この「最高還元率」にはからくりがあり、借りる額がショッピング枠の最大キャッシング額を借りた場合に98%という数字になるということで、ほとんどの場合500万円程度が上限とされています。

 

500万円を借りるような人というのは実際にはほぼ存在していないことから、この「最高還元率」という数字はクレジットカード現金化業者の他社よりも多く貸せますという表向きの数字であるということが窺えます。

 

実際のところ2、3万借りたりする場合は80%から90%程度の還元率にしかならないそうです。

 

こういったクレジットカード現金化業者というのはカード会社の加盟店になっている必要があります。

 

しかし、現在ではクレジットカード現金化という商売に対し、クレジットカード会社は厳しい見方を取っており、恐らくですが、クレジットカード決済代行業者に加盟をすることで加盟店に属している形を取っているのではと考えられます。

 

また、そのとあるサイトでは、即日最短10分で振り込みが行えると書かれているのですが、これは上に書いたクレジットカード決済代行業者が全て行っている為、クレジットカード現金化業者が頑張っているということは一切ないと考えられます。

 

その他には、「審査不要」ですとか「保証人不要」などという謳い文句も、業者が審査を行っているわけではなく、クレジットカード会社の審査を通っていてカードを持っている時点で審査は不要ですし、保証人も不要なのです。

 

これらのことを考えると、クレジットカード現金化業者は即現金化を行いたいという人とクレジットカード会社を結びつける仲介サービス業という位置づけにあることがわかります。

 

ただショッピングサイトで物を買って、それを転売するといった行為を行うよりは早く現金が手に入るという点がメリットと言えますね。

 

しかし、この転売という行為や現金化は、ショッピングサイトで購入した商品が手に入るまでは商品の持ち主はクレジットカード会社になる為、クレジットカード会社の規約に違反した行為であることは間違いありません。

 

ご利用を考えている方は、そこら辺も知って利用をする必要があります。

続きを読む≫ 2015/12/02 14:58:02

現代、クレジットカードという大変便利なものができ、ショッピングもネットショッピングも気軽に行うことができるようになりました。

 

キャッシュレス決済が現金取引よりも素早く完結できる仕組みが、なんともいえず良い点ですよね。

 

そんな中、最近話に聞くようになったクレジットカードのショッピング枠を使った現金化というものが気になるようになりました。

 

通称クレジットカード現金化と呼ばれていて、クレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入するとそれにキャッシュバックが支払われて現金を手に入れることができたり、商品を購入し、それを業者に売却することで現金を手に入れることができたりする仕組みで、即時に借金をしてしまうと同時に現金を手に入れることができるというもののようです。

 

金融会社よりもスピーディーな対応なので、結構な人がこのサービスを利用しているようです。

 

ですが、このクレジットカード現金化業者からは逮捕者も出ており、グレーゾーンにあたるサービスなので、私としてはご利用することをあまりお勧めは致しません。

 

高い換金率を謳っている業者が多く、大体92%〜96%くらいの換金率を謳っていますが、これは最高換金率なので、実際にやり取りを行った方の話では80%程度の換金率が相場のようで、あまりお得なサービスともいえません。

 

強いてこのサービスの良いところを挙げるとしたら、緊急にお金に困っているときで先のお金の都合がついている場合に前借りする感覚で利用ができるといった点でしょうか。

 

ただし、このクレジットカード現金化サービスの利用はカード会社利用規約に反した行為ですので、あまり頻繁に利用しているとクレジットカードの利用を停止されてしまう恐れもあるリスクのある行為です。

 

また、キャッシュバックが支払われたが高額な手数料を取られたといった事例や、買い取りを業者と行って差額を現金として受け取るはずが、ただ買い物をさせられただけで終わったなどというトラブルも続出しているようです。

 

簡単に現金を手に入れることができるという裏には、そういった様々なトラブルやリスクが潜んでいます。

 

そういった面も含めて、このクレジットカード現金化というサービスの使用、利用を私はお勧めすることができないのです。

 

ご利用は計画的にとよくいわれますが、まさにその通りで、いざという時のお金も自分の貯えから補えるよう、日頃からお金の管理はしっかりしておきたいものです。

続きを読む≫ 2015/12/02 14:48:02

クレジットカード現金化は、決して推奨できる方法ではありません。

 

できれば、キャッシングを利用した方が良い事もありますが、それでもあえてキャッシングの申し込みをせず、クレジットカード現金化で済ませたほうがいい理由とは何でしょうか?

 

審査のあるキャッシングは申し込み履歴も残る

 

なぜキャッシングを利用しないのでしょうか?一つには、新規の申し込みには審査があって、心理的ハードルが高いということです。

 

もし、審査に落ちてしまったら、申し込みや契約できなかったなどの履歴が個人信用情報として残ります。

 

何度も審査に落ちていると、しばらくは新規の申し込みができないようになっています。

 

一度カードの審査に落ちてしまうと、自分を否定された気になってしまいます。

 

だとしたら、審査の不要なクレジットカード現金化のほうが何かと借りた実績がわからないので都合がいい、という場合もあるようです。

 

クレジットカード現金化は自己責任

 

なぜ禁じ手のクレジットカード現金化を利用する人が多くなっているのでしょうか?誰もが知り合いからお金を借りたくないはずです。

 

有力者やお金持ちの知り合いなら、頭を下げてお金を貸してくれるよう頼みこむしかありません・・・でも、キャッシングやクレジットカード現金化業者は、商売ですから喜んでお金を貸してくれます。

 

担保や保証人も不要だから、借りやすいと考えてください。

 

さらにクレジットカード現金化なら、残高の存在が条件ですが、数分で銀行口座に入金されます。

 

返済はカード会社だから、お金を借りたことがバレにくいようになっています。

 

もちろん、自己責任ですから最後まで完済する必要はあります。

 

早期に返済できるならクレジットカード現金化を使ったほうがスピーディー!

 

クレジットカード現金化は、返済に関してはカード会社を通して行います。

 

ということは、ショッピングで利用した金額は、次回の銀行引き落とし日まで支払う必要は無く、逆に言えばそれまでにお金を用意すればいいだけです。

 

また、2回払いや分割払い、リボ払いと選択肢が豊富であり、途中からリボ払いに変更することも可能ですし、毎月返済し続けている限りは利用停止になり事はありませんし、万が一の自転車操業が可能です。

 

だとしたら、クレジットカード現金化を利用したほうが、手続きも少なくスピーディーだといえます。

 

さらに利用実績(クレヒス)が積もりますと、発行元会社から優良顧客として捉えられる場合もあります。

 

まとめ

 

クレジットカード現金化は禁じ手です。

 

それでも利用する人が多く、リスクを知りながら、うまく活用している人も多いようです。

 

自己責任だということを頭に入れて、スピーディーな借入と返済をすれば、問題なくクレジットカードも利用し続けられるでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/30 11:23:30

私は買い物が好きで、良く友達と遊ぶついでにショッピングを楽しんでいました。

 

自分で言うのも何なんですが、私は顔が広く友達も多いほうだと思います。

 

そんなこんなで、友達付き合いの延長線上で週の休みにはほとんど買い物をしていて、ついにはブランド物にまで手を出し始めてしまいました。

 

母から「最近、物を買い過ぎじゃない?」と注意されてはいたのですが、うざいだけと思い真剣にその言葉を受け止めていませんでした。

 

友達の中には私と同様に買い物にハマっていわゆる買い物依存状態になっている子がいました。

 

でもお互い仲の良いショッピング友達という認識でしかありませんでした。

 

そのうち、お金が足りないときは、その友達と一緒にクレジットカード現金化というものに手を出すようになっていました。

 

カードは携帯会社発行のカードを持っていました。

 

ショッピング感覚で借金ができ、また友達などとそのお金でショッピングを楽しんでいました。

 

しかしある時そのツケが周ってきました。月々リボ払いで返済していたお金がいつの間にか返済するお金より借金するお金のほうが上回った状態に陥っていると気付いたのです。

 

買い物ができなくなるという怖さと、こんなに借金をしていたんだという事実が私を正気にさせてくれました。

 

本来なら自分で返していかなくてはならなかったお金を、20万円ほど親が都合してくれ、借金の返済にあてることができました。

 

その時、説教をされたのですが、真剣に向き合って本気で怒ってくれた母に感謝をしました。

 

パートで稼いでコツコツと貯めたお金のほとんどを私に預けてくれたのです。

 

クレジットカード現金化はショッピング感覚で使えてしまいますが、あまり軽い気持ちで使用すると痛い目をみるということは皆さんにも覚えておいて欲しいところです。

 

本当に軽い気持ちで簡単に現金を手に入れることができるけれど、同時にカードという目に見えづらい形での借金を負うことになっていることを自覚しにくいところが、このクレジットカード現金化というサービスの怖いところだと思います。

 

私は母の貯蓄があったから変な道へ進まずに済んだだけで、母がいなければホステスなどの水商売をして借金を返済しなければならないところでした。

 

この一件依頼、友達付き合いはやめてはいないのですが、財布の紐は固くなりました。

 

これもいい経験だと思い、今後は前向きに生きていこうと思います。

 

楽して得るものの代償は大きいものですね。

続きを読む≫ 2015/11/30 11:15:30

お金が無い時に考えられることと言えば、皆様は何が思い浮かぶでしょうか?今では手軽にWEBという情報の泉から探り出すことは出来ますが、所詮人が作り出した内容です。

 

結局何をして工面するのかがターニングポイントであり、お金の悩みですからお金しか解決できる術は有りません。

 

消費者金融、銀行系カードローン、闇金融、クレジットカード現金化、要らない物の換金、知り合いから借りる・援助してもらう、日払いの仕事を始める・・・見境なく私自身が単純に思い付いたモノを並べてみましたが、工面して貰う立場の者が考える事では有りませんが、いずれの方法にしても何かを失って現金を得る方法です。

 

お金という手数料と信頼という縁・・・結局求めてしまう側の代償で有ります。

 

上記に挙げた以外の方法も最近ネット上に姿を見せ始めており、それがタイトルの携帯電話(キャリア)決済現金化なるものです。

 

しかし、携帯電話という言葉が出てきますと、それを何かして現金を得る為には本体を転売したり買い取ってもらう事がイメージしませんか?実際はまるでクレジットカードに置き換わったかのように携帯電話料金という与信を利用する事です。

 

 

今でこそ、スマホが普及している為に忘れてられているキャリア決済が、現金を得るための重要ポイントであり、その昔、今の様にアンドロイドマーケットやアップルストアという市場が無い時代を思い出してみてください。

 

各携帯会社と提携する事で、事業者がサービスをリリースする事が出来た時代です。

 

我々は、キャリア決済を利用してゲームや音楽、その他お役立ちコンテンツを購入し利用していたのですが、支払いの仕方は携帯電話料金と合算して請求されていたはずです。

 

その仕組みを利用する事により、キャリア決済で対応されている市場やオークションサイトなどを通すことでキャッシュバックしているものと考えられます。

 

キャリア決済で購入された商品を送り返したりする事による買取の手段であれば、古物商許可に関する記述が確認されるはずですが、この手の換金業者は総じて記述が確認されません。

 

事業者側としてはクレジットカードを所有していない人でも手軽に行う事を大きなメリットとして紹介しておりますが、割賦払いも出来なければ支払いが滞れば携帯電話の利用停止、ブラックリスト入りなど、クレジットカード現金化に伴うリスク以上のモノが潜んでいる事は言うまでもありません。

 

事業者が支払うであろう決済手数料は、我々消費者でもWEB上から見る事が出来ますが、なかなか高い料率が設定されているのですから、消費者にとって高換金率での取引は難しいでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/27 10:13:27

クレジットカード現金化のお店で一際目立つ文字が「キャンペーン」では無いでしょうか。

 

初めての利用者だけでなく、これまで利用してきた店舗からの乗換も考えてみようという気にさせるこの言葉には、正に我々消費者の心を揺れ動かすための戦略でしかありません。

 

キャンペーンと言われて乗り換えたつもりが、これまで利用していたお店と何ら変わらなかった・・・という経験が筆者にもあります。

 

つまり、基準となる換金率がもともと低く、これまでに利用していた店名について述べたところで、「この見込み客は誤魔化せない」と考えたのでしょうか、キャンペーンとして引き上げた結果、他店と同じになったという言い訳です。

 

結局元のサヤに戻ったのですが、キャンペーンと書けば釣れると考えている事が大半でしょう。

 

その証拠と致しまして、何日も業者のサイトを確認していますと、月が替わるごとに「●月はキャンペーン実施中!!」と数字がコロコロ変わるという徹底ぶりです(笑)

 

比較サイトに関しても同様であり、恐らくは広告報酬目的で掲載されていると判断されるところもあります。

 

単純にキャンペーンと書いてあるだけであれば、まだカワイイ方です。

 

より酷い「キャンペーン内容」は、QUOカードやAmazonギフト券をプレゼントするという内容です。

 

確かに実際に送付しているところもあると思いますが、キャンペーンそのモノ自体を行っていない可能性があり、それが伺える注釈が付いてあることがあります。

 

「抽選で」の文字です。

 

これなら、申し込み者の誰一人受け取っていなくても、抽選という言葉を利用することで当選されなかくても納得せざるを得ない感情にさせられますよね?

 

つまり、お金を掛ける事なく利用者を集める為の口実であるということで、特にクレジットカード現金化という特殊なサービスを利用する方の多くは精神的に疲弊して冷静な判断が取れない事と思います。

 

そんな中で甘い言葉を並べられれば、お金の悩みということも有り簡単に飛び掛かってしまうのではないでしょうか?だからこそ、関連団体では業者を利用することをオススメされることが一切無いわけです。

 

クレジットカード現金化を利用するということは、リスクを背負う事と認識するべきであり、店員が明らかに営利目的の接客対応であるよりも、親身になって応じてくれるお店の方が利用価値がります。

 

肝心な事は利用した後の生活を描くことであり、返済に追われる姿を想像された貴方は、債務整理を検討した方が身の為ではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/11/27 10:09:27

お金が無い時は、手段を選ばず何としてでも手に入れたい一心で冷静な判断をすることが出来なくなります。

 

だから、お金に困って強盗事件を起こす者まで居るようにお金という人間が生み出した作り物に人間が振り回されているということが起こるわけです。

 

先進的技術を持っている国であれば尚更、お金が社会を作り人格を作り秩序を作っている・・・もはや神的存在であり、お金を中心にビジネスが回っているわけですが、誰もが欲しいお金を商品として需要が無くなる事がない業種が貸金業ではないでしょうか?無いものねだりをすることが人間の本能としての思考であり、隣の芝生が青いなんてコトワザがあるくらいです。

 

クレジットカード現金化もお金が必要な方に求められて一定の需要が見込まれているのか、創業10年以上店を構えるお店や「一体法規制はどうなっているんだ」と言いたいくらいに堂々と繁華街の中に店を構える業者が今でもあります。

 

目にする広告の多くは、その詳細について省かれた簡単なメリットしか確認することの出来ない内容となっており、実際に現金を手にする工程こそ店の違いはあるものの、基本的にクレジットカードを利用して最終的に換金すること、またはそれを業として利益を得る総称としてクレジットカード現金化と呼ばれています。

 

手口の内訳と致しましては次の通りです。

  • 買取
  • 還元
  • キャンセル

いずれも同じクレジットカード現金化に属する訳で有り、これが安全でこれは危険というような基準は都市伝説として理解しておくべきで、実際にキャッシュバックに関しては商品の実態が無いとして2011年に初検挙されたことを皮切りに、2014年には古物商が買取で捕まっています。

 

与信枠を使ってどう買取をするのか

 

まさか与信枠そのものに換金する価値が有る訳でもなく、一度与信枠を換金しやすいモノに代えるわけです。

 

ショッピング枠自体は、今現在では取扱い店が増えたことで現金と同様に使えると言っても過言ではありませんので、これは業者を通さなくても自分で出来ることではありますが、問題はその買取先です。

 

自分でやるにしても、買取先が換金率を保証してくれることは無いですし、そもそも買った物が高換金率で買取されるものとも限りませんが、業者では換金率●●%という形で保証することを謳っておりますので、業者を利用するメリットの方が大きいと思ってしまいますが、実際には自分でやっても業者に申し込んでもあまり変わらないということもあります。

 

どのように還元されるのか

 

あまり馴染みが無いかと思いますが、よくあるサービスや商品購入に伴って行われているキャッシュバックの仕組みです。

 

普段日常生活する上で必要なものに対してはあまり行われることはないですが、一度購入したらずっと使い続ける物はこの現金還元を行っている業者はクレジットカード現金化に限らず行っていることですが、その商品が無くでっちあげしてしまった場合には、2011年に出資法違反とされた判決が合致するのではないでしょうか。

 

キャンセル??

 

キャンセルしたら換金出来ないのでは・・・?

 

これは商品購入した後に、キャンセルの申し出をするとクレジットカード決済はキャンセルしないけど、現金で返金するよという仕組みです。

 

あくまでキャンセルに伴った返金手段として正当化したいが為に、この手段を用いる業者は露出を控えた形で営業をしているようですが、過去に同様の手口で決済会社からアカウントを停止されるケースが確認されています。

 

絶え間なく進化する手口

 

さらに需要有る新サービスに目を付けた経営者が、続々と電子マネーやオンライン上で取引できる商品券を媒介物とする動きが活発化しており、トラブルがより深刻化される懸念があります。

 

確実な情報と注意喚起を理解して置くことはもはや消費者として当たり前と言われる時代が訪れているのです。

続きを読む≫ 2015/11/26 11:14:26

クレジットカード現金化業者がつい最近取扱いを始めているこのAmazonギフト券ですが、古物商許可番号を検索エンジンで叩いてみると、以前よりこうした商売をしていた情報が比較サイト・口コミサイト等で残っています。

 

貸金業法が改正された年の前後が、この商売のトラブル件数が最も存在していた事を示すデータが国民生活センターで閲覧する事が出来ますが、重く見たのか行政や当時の関係閣僚がキャンペーンの動画で直接注意喚起をしたり、街頭キャンペーンを行うなど、かなり派手な対応をされていました。

 

その甲斐あってか、メディア関係各社がクレジットカード現金化に関する広告を自主規制する動きが強まり、知らない人に周知させること、そして既に知っている人に対してもプッシュする事が出来ない状態になったのでしょう。

 

今でこそ、テレビCMや雑誌等のマスメディアに掲載されているamatenという換金市場の存在が、実はクレジットカード現金化業者として買取の仕組みを用いて運営されていた事をご存知でしょうか?時の経過とともに換金業者だった印象が薄まりつつありますが、当時よりAmazonギフト券を媒介物にした換金方法のパイオニアでした。

 

次第に買取業と並行して換金市場なるものが誕生し、クレジットカード現金化業者も広告枠を失い、Amazonギフト券現金化であればリスティング広告等が出稿できる、広告露出機会が増えるとし、続々とサイトをオープンするまでに至ったのです。

 

完全に独占状態にあった市場の存在も、他者に真似されるように増加しておりますが、セキュリティ管理の部分で雲泥の差となっており、やはり後発の業者が信頼されている様子は有りません。

 

しかし、運営歴が長いサイトだから安心・安全とは限らない事も事実であり、マスメディアに紹介・・・いえ、お金を払って掲載されているのですから当てにしない方が無難です。

 

チャージしたお金が抜かれる、購入したギフト券が使えなくなる、事業者が某金融機関から締め出されているなど、Amazonが認めていない取引で有る事に加え、購入者が騙されて取引されたモノであったり、意図的ないたずらで利用されている恐れがあるなど、デメリットに対する疑念は払拭されるコトは有りません。

 

また、電話対応したりしなかったりなど、法的規制が及ばない範囲で運営をしているのか、いまだに経営者が取り締まられていない事も気持ちの悪い話ではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/11/26 11:09:26

人が発信する情報の数は多いですが、それを発信する者の数は圧倒的に少ない、それがWEBやメディアの世界です。

 

情報を発信する為に職業が有るように、常に受けてよりも発信する側の方が立場上有利になりやすいのは社会の面白い仕組みとも言えますが、人が求めるからこそその人の信用が集まり、結果としてお金が生まれるのです。

 

仕事場や学校でもそうなのかもしれません。

 

常に上の立場、役職を得る人とは下の人間に対してモノを申す事が出来なければその立場を維持し続ける事が出来なく、ただ怒鳴り散らかすのでは無くて、適切な教えを説ける人がその組織で階段を上ります。

 

クレカ現金化でも同じように、お金を求める人たちの拠り所として、比較サイトが有ります。

 

当然、我々消費者からすればグレーとも言われている決してイメージの良くない事をしようとしているのですから、サービスに関わる情報取得は不可欠な事です。

 

その検討者の心理を弄ぶかのように、実はクレカ現金化業者がメディア運営者に対して広告費を支払い、意図的に宣伝して貰ったり、意図的な情報操作を行っている実態があります。

 

または、クレカ現金化業者自身が比較サイトを開設している事もあるようで、それはサーバー上のIPやホストからある程度予測する事が出来ます。

 

当然、自分自身で運営しているところに掲載されているお店の屋号は、全て自分たちで運営されているところだけ(笑)

 

これでは比較でも何でもありませんよね。

 

ホームページなんて人の産物ですから、ちょっと調べれば誰でも作成な事であり、さらに無店舗型の業者なんて特に実店舗とは異なりWEB上で集客しているのですから、窓口だけでなく集客もしようと考えるのは商売としてみれば当たり前の事です。

 

とは言え、利用検討者が金策の為にクレカ現金化をしようとしている、その人にとって人生の重大な局面を商売として利用する事に対し、正規の貸金業にも言えますが社会的な生産性を生まない産業です。

 

それに加えて悪徳と言われる業者やこうした比較サイトの情報が乱立している事を考えると、いかに優良店を見つけ出すことが難しいのかが分かります。

 

何が正しくて嘘なのか、その判別は他人でも無く自分自身で決めなければいけない事であり、これはクレカ現金化に限った話ではないですが、筋道を考えて考察すれば自ずと理解できます。

 

簡単に情報を発信する事が出来る世界では、SNS上で犯罪予告をすればすぐに炎上して話題になる事は簡単。

 

良い事ばかり並べている比較サイトは黒と考えましょう。

続きを読む≫ 2015/11/25 13:52:25
メイン・サブを決める

 

クレジットカード選びは、ブランドやお得なポイント還元率が決め手となることが多いのですが、あくまでも「クレジットカード現金化」をメインに考えるなら、国際ブランドでも加盟店舗の多いほうが便利です。

 

そこでVISAやマスター、JCBの提携が多いとされており、JCBは日本がメイン市場ですから国内のショッピングなら問題なく使えます。

 

クレジットカードを一枚だけしか持っていないと、JCBしか使えない場合やカードの利用停止をくらった場合は、別の発行会社に申込みをしても金融事故履歴が回っており作れません。

 

そこで、VISAとJCBといった形でダブらないクレジットカード選びをするべきです。

 

そして、どちらをメインにするかは、よく利用する・特典が充実・ポイント還元率が高い会社を選ぶ事が恩恵を受ける為のポイントであり、プロパーカードでも特典が自身にとって魅力的であるならば加入しておくべきです。

 

クレジットカードは、2枚から3枚に絞って増やし過ぎないようにする事も、効率よく利用するコツです。

 

年会費や付帯保険も重要

 

使い分けを決めたら、次は年会費や付帯保険の有無です。

 

旅行傷害保険はいつ何が起きるか分からないリスク回避の為に付けておくことが望ましいのですが、年会費がかかる場合があります。

 

利用額に応じて無料になる事も有りますが、全く決済しなければ当然年会費が引き落としされますが、お金を支払っているだけあって比較的特典が充実している傾向に有りますから、条件付で無料になるクレジットカードがオススメです。

 

盗難保険やショッピング保険も付いている事によって、高額商品を買って破損したときや、不正利用にも保険で補填対応出来ますので、持っていないと知らないサービスが目白押しです。

 

ステータス性よりポイント還元率が節約に繋がる

 

クレジットカード現金化ばかりに使っていると利用実態から利用を止められることも有りますので、他の商品購入や普段の買い物でもなるべく利用して、換金していることがバレないようにしましょう。

 

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、発行元で最も利用してほしくない使い方とされ、支払いが滞る可能性を危惧しているためです。

 

どうせ利用するのであれば、発行元から還元されるポイントに付きましても、料率高ければ業者から提示された料率に上乗せして考える事も出来ます。

 

公共料金や保険料関連も、電子マネー払い等の組み合わせを持ちいる事によって、さらにお得にポイントが貯まります。

 

まとめ

 

クレジットカード現金化に使えるカードは、汎用性の高い国際ブランドがオススメです。

 

そして、メインとサブを使い分け、年会費が無料、付帯保険も充実していて、利用すればするほどポイント還元率が高くなる会社を選ぶとお得です。

続きを読む≫ 2015/11/25 11:03:25