ショッピング枠現金化業者の換金率を暴く!

ショッピング枠現金化業者の換金率を暴く!

ショッピング枠現金化は、クレジットカードの買い物専用ショッピング枠現金に換えて現金を手に入れるサービスです。

 

このショッピング枠現金化を商売にしているのがショッピング枠現金化業者であり、業者はショッピング枠現金化をスムーズに行い、利用者にすぐに現金が手に入るように手助けをしています。

 

ショッピング枠現金化を行う際に、利用者が最も気にするのが、使うショッピング枠の金額に対してどのくらいの率で現金が手に入るのかという換金率であると考えられます。

 

例えば、ショッピング枠を10万円使ったときに手元にできる金額が8万円だった場合、

 

8万円(手元に入る現金)/10万円(使ったショッピング枠)=80%

 

上記のように、換金率は80%ということになります。

 

この時、差額は2万円ということであり、利用者はこの2万円分がショッピング枠現金化の手数料となります。

 

つまり、利用者にとっては、換金率が高ければ高いほどショッピング枠現金化の手数料が安くなるということでもあります。

 

上記の例で、換金率が90%の場合は手元に入る現金は9万円になり、その差額は1万円であるので、ショッピング枠現金化でショッピング枠を10万円使ったときに換金率が80%の場合と90%の場合との差額は1万円も違うのです。

 

ショッピング枠現金化で現金を手にしたとしても、使ったショッピング枠は一括払いにしろ分割払いにしろ必ずクレジットカード会社へ支払いをしなければなりません

 

換金率が低ければそれだけ手元の現金とクレジットカード会社へ支払う金額に差がでてしまうので、利用者としてはなるべく換金率が高い取引をしたいと考えるのは当然のことではあります。

 

しかし利用者とは逆に、ショッピング枠現金化業者にとっては換金率は低ければ低いほどいいことになります。

 

換金率が低ければ当然その分差額が広がることになりますが、その差額の中には業者の利益も含まれており、つまり換金率が低くなるということは、業者の利益は反比例して大きくなるということです。

 

上記の例に関して言えば、換金率が80%の場合と90%の場合では利用者にとって支払いが1万円余分にかかるかかからないかということになりますが、業者にとっては利益が1万円違うことになります。

 

そのため、業者にとっても換金率は利益の要になるという点で、ショッピング枠現金化の重要な要素の1つになるのです。

 

こう考えると、ショッピング枠現金化は、換金率という点では業者と利用者双方の利益が相反するサービスです。

 


 

ショッピング枠現金化は業者を利用する方法の他にも、自身で行う方法もあり、自身で行えば業者に払う手数料も必要ないということになり、その手数料がない分換金率も高くなると思う人もいるのではないでしょうか。

 

では、なぜそれでもショッピング枠現金化業者が存在するのでしょうか?

 

それは、換金率では業者と利用者の利益が反比例するサービスですが、利用者にとって業者を使うメリットは換金率の点ではなく、時間や手間をかけずにすぐに現金が手に入ることと、ショッピング枠現金化によるクレジットカードの利用停止を防ぐという点においてメリットがあるからです

 

自分で行うショッピング枠現金化では、どうしても商品を購入しに行く手間、その商品を売りに行く手間、さらにそれにかかる時間など、とても時間がある人でなければ自身で行うことはできません。

 

たとえできたとしても、自分で行うショッピング枠現金化で購入する商品は必然的に換金しやすいモノになるはずなので、クレジットカード会社から「ショッピング枠を換金する目的である買い物かもしれない」と目を付けられる危険性が高くなります。

 

換金しやすいモノとして代表的になるのが新幹線のチケットですが、その換金率は優に90%を超えますが、確実にクレジットカード会社から何かしらの連絡が入ることは間違いないでしょう。

 

つまり、ショッピング枠現金化はクレジットカードが止まってしまうリスクも存在するので、なるべくそのリスクを減らす方法が好ましいといえます。

 

その上でショッピング枠現金化業者を利用するのは最大限にリスクを減らす方法としてベストであるでしょう。

 

ショッピング枠現金化業者で取られる手数料の中には、クレジットカード会社にばれないようにするための仕組みにかかっている料金も含まれており、換金率で出た差額が満額業者の手元に入るわけではないのです。

 

しかしながら、明らかに換金率が低く、手数料がぼったくりの値段であるショッピング枠現金化業者がいることも確かではあります。

 

入金されるならまだしも、入金すらしない悪徳業者も存在するショッピング枠現金化業界ではありますので、ショッピング枠現金化を利用しようと思ったら、まずは換金率だけを調べるのではなく、業者が怪しくないか隅から隅まで調べて比較することが重要であると言えるでしょう。

 

ショッピング枠現金化優良業者換金率ランキング!

 

ゴールドラッシュ

ゴールドラッシュの換金率は業界内でも最高レベルであり、また安全性も確保された取引ができるとしてリピート率も高くなっています。

 

ショッピング枠現金化業者としては利益のために換金率を少しでも下げる方法をとりますが、ゴールドラッシュでは利用者が多いために薄利多売の営業でも運営が可能ということであり、まさに利用者が多いということが安心して利用できることや換金率を高くできることにつながっているのです。

 

もちろん、業界内では利用が難しいとされるJCBやAMEXでもゴールドラッシュでは利用が可能であり、換金率が下がることもありません。

 

ショッピング枠現金化で最も高い換金率で取引したいということであればゴールドラッシュで間違いないでしょう。

現金化のらいふ

現金化のらいふは創業から数年にもかかわらず、高い換金率で着実に利用者を増やしている優良業者です。

 

ショッピング枠現金化業界では創業当初は高い換金率で利用者を集め、その後様々な言い訳をして利用者の換金率を下げようとしますが、現金化のらいふでは高い換金率のまま使い続けることができるということで、リピーターの数も多いです。

 

ゴールドラッシュの換金率には及ばないものの、現金化のらいふは女性スタッフが多いために女性が安心して利用できる業者として人気を博しています。

 

換金率の話となると、恫喝するような業者もいますが、現金化のらいふでは女性スタッフが真摯に対応してくれるために交渉もしやすくなっています

 

ギフトクレジット

ギフトクレジットはショッピング枠現金化業界内でも老舗かつ大手として名をはせており、どんな殿様商売をしているのかと思いきや、大手の中でも換金率が非常に高く、いい意味でさすが老舗の業者は違います。

 

ギフトクレジットの注目すべきはやはり換金率であり、最低保証の換金率ですら高いのはギフトクレジットくらいではないでしょうか?

 

とにかく利用者が安心して利用できることをモットーにしているようで、「わからないことはございませんか?」としつこいくらいに聞いてきます。

 

業者の中には質問すらさせないようなところがある中で、わからないことをわからないまま進めることがないので、明確な取引ができることも安心できるポイントです。

 

 

 

ショッピング枠現金化マニュアルに気を付けろ

 

社会問題となったショッピング枠現金化商法・・・古くは江戸時代より続く質屋の存在が発端です。

 

家財道具が質草であった時代から、時を経て与信枠という近未来的なサービスの誕生が、絶対に手に取ってみる事の出来ない、ある意味仮想貨幣を可視化出来るサービスですね。

 

ちょっと大げさな表現をさせていただきましたが、それもそのはず・・・与信枠を提供している発行元は、換金を目的にした利用を禁止しているのです。

 

これは、換金を専業とする業者もおりますが、自分自身でも試みる事は出来るのですが、業者を利用するにしても自分自身で全て完結させるにしても、同じ換金目的での利用ですから変わりません。

 

特定・断定した形で法的規制は介入していないとしていても、近年は電子ギフト券の悪用被害が全国規模で起きており、ショッピング枠現金化だけでなく、出会い系サイトやアダルトサイト利用請求、その他社債や競馬に投資案件など、様々な手口の資金決済手段として用いられるようになっています。

 

むしろ買取をする者としては、紛れる事が出来ますので、これからも電子ギフト券がショッピング枠現金化の主役となるでしょう。

 

しかし、問題が表面化してきている煽りから、次第に消費者たちからも不審の意見が出るなど、あとは公安がどう動くのかが焦点となるでしょう。

 

他にも特定業者を一押しとしたり、こき下ろす内容で紹介する比較サイトも存在していますが、全て言葉のあやに過ぎず、どのお店にでも言える様な事を枕詞のように決まりきった言葉が並べられており、情報発信者側で意図的なコメント削除や投票の無効化など、暴挙な投票サイトまである事態です。

 

こうしたメディアが検索結果の上位に有る以上、騙されて悪徳業者に申込みされる被害は無くなる事はないでしょうし、それは国民生活センターが発表している商法に関する相談件数の統計からも考察されます。

 

それでも全盛期に行われた、省庁における特設ページや街頭キャンペーンが行われるなどの地道な活動が功を奏したのか、利用者意識も改善されたのかは分かりかねますが、確実にショッピング枠現金化業者は数が減っています。

 

実は正規の貸金業者についても同様に減少傾向に有り、金融機関傘下に収まった業者に消費者を向けさせる国策であると言う意見もあります。

 

金融機関に出資しているファンドの利益、そして金融機関の利益・・・結果的に資本力に差のある中小は吸い上げられている…世の中のお金の流れが変わってきていると実感します。

 

学生におけるショッピング枠現金化の実情とは?

 

クレジットカードは学生でも未成年でも所有する事は可能ですので、ショッピング枠現金化業者に申し込みをする事は出来そうですが、果たしてどのような対応を若年者に行っているのか調べてみました。

 

若年者と言えば遊び盛りですよね?もちろん勤勉な方もいらっしゃるとは思いますが、とにもかくにも学生の借金は、ほどほどにしましょう。

 

もしギャンブルや遊興費での借金なら、いったんストップしてください!しかし、生活費や一時的にお金が必要で、近い将来お金が手に入るあてがある人は、学生でも借金してもいいでしょう。

 

クレジットカードさえあればという低いハードルは学生でも換金を申し込むことが出来る、とするショッピング枠現金化について考えてみたいと思います。

 

学生には学生専用のクレジットカード

学生でもクレジットカードが持てる時代です。今始まったものではなく、大学生なら学校のブランドで発行しているクレジットカードもあります。学生カードの特徴は、利用限度額が低く設定されていることで、キャッシング枠が少なかったり、ゼロになっていることもあります。年会費もゼロ円、有効期限は大学卒業までといったカードになっています。

 

大学生や専門学校生でも休みの日にはアルバイトをしているので、ある程度の収入はあります。ですから、ただ、社会人のように返済能力がないため、利用額には制限があります。

 

それでもクレジットカードを持つ理由

学生の頃からクレジットカードを持っていると、審査の厳しいカードでも意外と簡単に入会でき、社会人になれば、そのまま通常カードにランクアップできます。信用情報についても学生はゼロですから、親の信用情報を使うことになります。そのため、たいていは問題なく審査に通ります。

 

ところが、サービスについては、通常のクレジットカードよりも手厚く、ポイント還元率も高めです。旅行に出かける機会も多い学生ですから、ポイントも貯まりやすくなっています。学生の頃からクレジットカードで信用情報を積み上げていると、使い方にも慣れますが、逆にショッピングをたくさん利用しすぎて、返済に追われることにもなりますので、使い過ぎに注意しましょう。

 

キャッシング枠が少ないからこそ使えるショッピング枠現金化

学生カードは、お金の信用の低い学生に発行しているカードですから、キャッシング枠が少なくなっています。

 

しかし、ショッピング枠ではそこそこの金額の枠がありますし、キャッシングができない場合は無理に増枠せずにショッピング枠現金化を使って、一時的お金を用意したほうがいい場合があります。あえて、キャッシング枠を作っていない場合でも、ショッピング枠現金化なら通常のショッピングとして扱われます。できれば、学生には使って欲しくないワケですが、もしものときのために覚えておきましょう。

 

ショッピング枠現金化の優良比較サイト

 

まとめ

学生の持つ学生専用のクレジットカードでも、申し込みが可能です。借金は控えるべきですが、キャッシングをするぐらいなら、ショッピング枠現金化で一時的に金欠をしのぐことも可能です。お金の使い方や信用を積み上げるためにも、学生のうちからクレジットカードを作っていて損はないでしょう。

ショッピング枠現金化をするにあたって、換金率の引き下げに出くわすこともあるかもしれませんが、そもそも換金率というのは業者によっても違いますし、変動するものです。

 

しかしながら、突然換金率の引き下げに出くわしてしまうとどう対応すればいいか戸惑うことになるかもしれません。

 

ショッピング枠現金化で換金率の引き下げに出くわしたらどうすればいいのでしょうか。

 

換金率がどれくらい引き下げられているのかをチェックする

 

ショッピング枠現金化を行っている業者の中には、いわゆる悪徳業者も存在し、悪徳業者は大体の場合において何かと理由をつけて、換金率を大幅に引き下げてきます。

 

理由としては、クレジットカードの種類や発行元を理由にして、何十%という大幅な引き下げをしてくるのであれば、それは正当な理由があっての引き下げではありません。

 

逆に、クレジットカードの種類や発行元を理由にしていても、引き下げが数%でおさまっているのであれば、それは正当な引き下げといえるでしょう。

 

悪徳業者は換金率を大幅に引き下げて利益率をアップさせようとしますが、優良業者であればそういうことはありませんので、どれくらいの引き下げがおこわなれているのかが見分けるひとつのポイントになってくるのです。

 

換金率の引き下げ自体はよくあること

 

ショッピング枠現金化にあたって換金率が引き下げられたというと、まるで大事のように思う方もいるかもしれませんが、しかしながら、ショッピング枠現金化において換金率の引き下げ自体はよくあることなのです。

 

そもそも業者によってショッピング枠現金化の換金率というのは異なってきますので、それは当然受け入れるものとして考えなければいけません。

 

ただ、ショッピング枠現金化における引き下げがよくあることだったとしても、不当な引き下げが許されるわけではありません。

 

きちんとした理由があってそれに見合った引き下げがおこなわれるのであれば問題はありませんが、それ以外で引き下げが行われるのは許される行為ではありません。

 

悪徳業者に引っかからないことはもちろん、どれくらい引き下げられているのかをチェックすることによって問題なくショッピング枠現金化を進めていくことができるでしょう。

続きを読む≫ 2017/05/18 16:02:18 2017年05月

現在、日本におけるカジノは非合法であり、秘密裏にカジノを運営したり利用したりすると捕まってしまいます。

 

しかし、最近では、2020年の東京オリンピックに向けて、日本でも公営カジノを作ることを目的とした法整備が行われている最中です。

 

カジノでなくても、今現在においても日本には公に認められているたくさんのギャンブルがありますよね。

 

競馬、競輪、競艇、パチンコ(おっと、パチンコは謎の力が働いているからギャンブルではないんでしたっけ?)、場合によっては宝くじもギャンブルと考えていいかもしれませんが、これらのギャンブルは日本でも認められており、お金を元手に運をかけてお金を稼ごうとする、それがギャンブルです。

 

さて、ギャンブルをするためには元手になるお金が必要です。

 

ギャンブルは元手のお金に運をかけてお金を倍にしていくものですが、そもそもお金が0ならば、いつまでたっても0です。

 

健全な人であれば、ギャンブルをするためのお金は日々の生活で余った資金を使い、ギャンブルもいわゆる趣味の代わりとして楽しんでいるでしょう。

 

しかし、ご存知の通りギャンブル依存症という心の病は昔から存在し、ギャンブルをするためにお金を次から次へとつぎ込む人もいるくらいです。

 

ギャンブル依存症になってしまうと自分の人生をかけてでもお金を用意しようとする人が多く、消費者金融などの借金から始まり、知人友人家族からの借金、ひどい場合にはヤミ金に手を出す人もいるくらいですが、金策の1つとしてショッピング枠現金化も候補に挙がります。

 

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠がありますが、ギャンブルに使うためにキャッシング枠をすっからかんにしてしまった人が次に手を付けるのはショッピング枠でしょう。

 

ショッピング枠現金化は買い物専用のショッピング枠さえ使えれば誰でも利用することができ、手に入れた現金に関しての使い道にとやかく言われることもありません。

 

借金をする際には利用目的を聞かれることもありますが、ショッピング枠現金化はそれがないのです。

 

たまに、ショッピング枠現金化で作ったお金をギャンブルに使っていいのかという質問を見かけますが、そんなことショッピング枠現金化業者は関与しません。

 

使用目的に関与しないということは、その後の責任についても自己責任ということになります。

 

ショッピング枠現金化をしてお金を作ることはできますが、その債務は自分で支払いをしなければなりません。

 

ショッピング枠現金化で作ったお金でギャンブルをするのであれば、是非とも勝つように祈っております。

続きを読む≫ 2017/03/23 17:26:23 2017年03月

日本では、お祝い事に現金をそのまま渡すということに抵抗を感じる人が多いため、現金の代わりに商品券やギフト券を渡すということが多いかと思います。

 

実際に、お祝いということで商品券やギフト券をもらったことがある人も多いでしょう。実は、この商品券やギフト券というのは、ショッピング枠現金化における換金率が高い最適の商品なのです。しかしながら、その一方でクレジットカードを安全に利用できるかどうかという厳しい一面も持っています。

 

商品券やギフト券は換金率がとにかく高い

 

商品券やギフト券は、とにかく換金率が高いです。
ショッピング枠現金化においては、80%の換金率であればいいほうとされているのですが、商品券やギフト券であれば90%以上の換金率でショッピング枠現金化することも可能です。
実際に、商品券やギフト券を使わないからと現金化したことのある人も多いでしょう。そのときの換金率に衝撃を受けたことのある人も多いのではないでしょうか。チケット買い取り業者で買い取ってもらうことによって、素早くその場で現金を手に入れることができるのです。

 

ショッピング枠現金化で使う人が多いからこそ厳しい一面も

 

商品券やギフト券であれば換金率が90%以上という話を聞けば、「これは使わない手はない!」と考える人が多いはずです。

 

実際に、ショッピング枠現金化のために商品券やギフト券をクレジットカードで購入するという人は多かったのですが、だからこそクレジットカード会社の目が厳しくなっていったのです。
今ではクレジットカードで購入できる商品券やギフト券の種類もかなり少なくなっており、仮に購入できたとしてもクレジットカード会社からショッピング枠現金化しているかもしれない要注意人物として目をつけられるかもしれません。

 

商品券やギフト券をたくさん購入しているという理由で利用停止の措置を取られてしまうこともあるのです。
換金率が高いからこそショッピング枠現金化での利用者が増え、利用者が増えるからこそクレジットカード会社も対策を取って、クレジットカードの利用に目を光らせているのです。
商品券やギフト券というのは、ショッピング枠現金化で換金率を上げるには最適ではあるのですが、だからこその厳しさもあるのです。

 

まったく利用できない方法というわけではないものの、クレジットカードが利用停止になるリスクはあるものと考えておいたほうがいいでしょう。ショッピング枠現金化は一筋縄ではいかないものです。

続きを読む≫ 2017/03/06 17:42:06 2017年03月

現金が急に必要になるのは大人も子どもも関係ありませんが、どんな金融機関であれ保護者の同意なしに未成年に貸付を行っているところは全くありません。

 

むしろ保護者の同意があったとしても未成年は敬遠されます。

 

法律では未成年が親の同意なしにした借金はその契約を取り消すことができるようになっています。

 

学生ローンなどであっても、必ず親の同意が必要なのです。

 

未成年は借金などの契約を単独ではできないので、親に知られずに現金を手に入れる方法を模索しがちかと思われます。

 

その為、多少グレーゾーンな方法であっても利用しようとする傾向があります。

 

ショッピング枠現金化はクレジットカードのショッピング枠があれば即日で現金が手に入るサービスですが、借金ができない未成年はこれなら自分でも利用できるのか調べる人も多いのではないでしょうか。

 

ショッピング枠現金化業者を比較するサイトなどでは、未成年でも利用できると記載してあるところがありますが、実際、未成年は利用することができません。

 

ショッピング枠現金化はそのショッピング枠を利用して現金を手に入れるサービスですが、当然ショッピング枠を使えば支払いをしなくてはなりません。

 

高校を卒業している18歳以上であればクレジットカードを作ることができますが、未成年の場合はクレジットカードを作る際は保護者の同意が必要になり、多少なりとも保護者が支払いの監督を行います。

 

業者としては、未成年が利用した際に支払いができず保護者が出てきてトラブルになることはリスクになります。

 

そこから更に発展してクレジットカード会社を巻き込むトラブルになると、業者は営業を続けられなくなるリスクが高まるのです。

 

業者の比較サイトはどんな利用者であれ申し込みをさせれば業者から広告費をもらうことができます。未成年でも利用できると書くのはこの理由からでしょう。

 

実際に申し込みをしても、ほとんどの業者は断ります。

 

未成年でも利用できると書いてある比較サイトは広告費目的のいい加減なサイトであると認識した方がよいでしょう。

 

未成年は借金もショッピング枠現金化も利用できません。現金が必要であれば、親を頼るか自力で稼ぐしかありません。

 

また、未成年をターゲットにした詐欺も存在することを認識して、うまい話があっても飛びつかないよう心がけましょう。

 

地道に働くことが将来の金銭感覚を養うことに繋がっていきますので、もしこれを見てもまだ未成年でも請け負う業者の可能性を探る方には明るい未来はありません。

続きを読む≫ 2017/02/14 14:22:14 2017年02月

ショッピング枠現金化についてよくある質問は、利用は法律違反になるか、ということです。

 

利用を考える際はショッピング枠現金化について調べると思います。

 

様々な比較サイトがある中でも、どこも法律違反ではないと書いてあり、また業者のホームページにも同じことが書いてあります。

 

法律違反ではないことを示す為なのか、景品表示法についての話や古物商許可証があることを記載していますが、はっきり言うとこれらのことはショッピング枠現金化が法律違反でないことを証明するに足りるものではありません。

 

利用に当たって違法になるかどうかという心配をするのは、ショッピング枠現金化が発行元の会社との規約違反に当たる行為であるからでしょう。

 

規約違反行為の根本にあるのは景品表示法や古物商許可の話ではないことは少し考えればわかるはずです。

 

規約違反の根本となる原因は、ショッピング枠を換金している行為にあります。

 

ショッピング枠は買い物専用の枠である事は皆さまもご存知の通りですが、その所有権の所在について意識している方はほぼいないでしょう。

 

実は支払いが終わるまではクレジットカード会社に所有権があります。

 

換金する手法は2つありますが、買取方式であれば購入した商品を転売することになります。

 

所有権がないものを勝手に売ることはどう考えても法律違反です。

 

またキャッシュバック方式であっても、金品を得る為に価値がないものを購入する行為はクレジットカード会社を騙したとみなされ、横領罪に該当する可能性があります。

 

現状で摘発されたのはいい加減な取引を行っていた業者のみで、利用者が摘発されたことはありません。

 

しかし、クレジットカード会社は訴えようと思えば訴えることができるのです。

 

訴えない代わりに、利用停止、強制解約、支払残高の一括請求の措置を取ります。

 

利用者が摘発されないのは、あくまでも業者が諸悪の根源であるという見方があるからですが、利用者であっても規約違反とわかっていながら利用することは悪質であるとみなされてもおかしくありません。

 

最悪の場合本当に訴えられる可能性があるということを忘れてはならないのです。

 

国民生活センターへの相談件数は年々減少傾向にありますが、それは業者の数自体が減少傾向にあるからであると考えられます。

 

現段階で営業を続けている業者であっても法整備が行われれば利用が難しくなります。

 

ショッピング枠現金化は法整備が進んでいないだけで、今後法律が改正されるにつれて更に縮小していくサービスであることは間違いないと言えるでしょう。

続きを読む≫ 2017/01/31 12:49:31 2017年01月